2009/10/05 09:09

2009/10/5の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 基本的には先進国は低い位置で横這い、新興国は回復という構図が続いている。 ~

OECD

・世界不況は終わった。急回復を意味しない。

ブラジル

・GDP 4~6月期 +1.9%(QoQ)、3四半期ぶりのプラス成長
・個人消費(GDPの6%) +2.1%
・輸出 -14.1%
・鉱工業生産 +2.1%

200909131.gif

インド

・粗鋼生産 7月 +4.3%(YoY)←新車販売好調
・1~7月 +1.7%
・鉱工業生産 +6.8%

発受電電力量

・8月 -7%(YoY) 13ヶ月連続マイナス

200909133.gif

アメリカの小売り

・8月 +2.7%(MoM) 過去3年で最高伸び率←ポンコツ車支援策
・-5.3%(YoY) 10月以来で一番良い数字
・急落終わり、低い位置で横這い

アメリカのクレジット

・8月のクレジットカードのデフォルト
・BOA 14.5%(7月は13.8%)、CITI 12.1(10.0)、JPM 8.7(7.9)
・DISCOVER 9.2(8.4)、CapitalOne 9.3(7.8)
・Moody'sの予測 ピークは2010年@12%~13%
・失業率≒クレジットデフォルト率

アメリカの鉱工業生産

・8月 +0.8% VS 7月 +1.0%
・自動車を除くと+0.4%
・稼働率 69.6%、1972年からの平均値より11.3%ポイント低い

中国の鉄道

・貨物輸送量 1~8月 -2.9%、1~7月 -3.3%
・乗客輸送数 1~8月 +5.3%
・鉄道建設投資 1~8月 +114%

基準地価

・全都道府県で下落、上昇地点は3箇所のみ
・商業地 -5.9% VS 前年 -0.8% 2年連続マイナス
・住宅地 -4.0% VS 前年 -1.2% 18年連続マイナス
・商業地 東京 -8.9%、大阪 -7.1%、名古屋 -7.3%

200910049.gif

BBレシオ

・8月 1.44 VS 7月 1.34

200909201.gif

アメリカの中古住宅

・8月の販売戸数 510万戸(SAAR) -2.7% VS 7月 524万戸
・+3.4% VS 昨年8月 493万戸
・在庫 362万戸=8.5ヶ月分 VS 9.3ヶ月分(7月)
・Shadow Inventoryがたっぷりあることに注意

200910048.gif

相場メモ・備忘録
GDP アメリカ インド ブラジル 不動産 中国 住宅 鉄道 鉱工業生産



2009/10/05 08:08

ワークマン、9月数字は悲惨で下方修正確実、株価はこなれている

~ ガテン系ガールファッションがワークマンの切り札、なんて事はない、月次は厳しい。 ~

ワークマンの9月月次数字。

平成22 年3月期 月次前年比速報に関するお知らせ

2009100112.gif

全店が87.8%、既存店が85.7%。こりゃひどい。9月(第2四半期末)累計では全店92%、既存店89.4%。

景気の低迷と、シルバーウイークで就労日が減少したことで、消耗品などの革手袋等の販売が低調に推移したことと、降雨日が少なかったことで、合羽、長靴の販売が低迷致しました。その結果、チェーン全店の売上高は前年同月比87.8%(既存店売上高前年同月比85.7%)となりました。

どんな理由があるにしても、悲惨な数字と言えましょう。

会社計画では第2四半期累計の売上高が-1.7%。全然達成していないので、そのうち下方修正が出るのは確実。利益もがくっりと下がるはず。通期増収増益の計画も当然下方修正。

業績は悪いけど、株価は十分にこなれている。

ところで、若い女性の間の一部でガテン系(って呼ぶのだろうか?)ファッションが流行っているらしいですけど、どうなんでしょうか?でもこれは、ワークマンで売っている昔ながらの作業着ではない。それらをもっとカワイラシクして、よりキヤスクして、断然イケテルカンジにしたものですな。人気のブランドもあるらしい。まさかワークマンでそういうのを売り出したりしないよねえ。

2009100113.gif

専門小売銘柄
アパレル ワークマン 作業着

2009/10/05 07:07

アダルトコンテンツがモバイルインターネットのトラフィック激増の一因

~ データトラフィックの激増は通信機器・技術で解決するしかない、通信制限は一時しのぎ。 ~

ソフトバンクが通信速度を制限するというプレスリリースを出した。

通信品質確保対策の導入について

iPhoneでパケットし放題を使って際限なくデータをやりとりする人が増え過ぎたって事ですか。iPhoneだけではなくて、他機種の携帯やスマートフォンも当然あるけど、iPhoneという一言で片づけてしまう。

ドコモやauは既に制限を加えているらしい。

携帯やスマートフォンを使ってのネットコンテンツダウンロードは爆発的に増えているのは周知の事実。世界で3Gが最初に発展したのが日本。無制限のデータプランが導入されれば、トラフィックの増加は止まらない。これについてはモバイルインターネットということで何度も書いている。

でも通信制限をされるほど一体何をダウンロードしているのかと言えば、ご想像通り、アダルトコンテンツが大きい。携帯端末の画面が大きくなればアダルトコンテンツを見るのに不自由はありますまい。

Porn Downloads Strain Japan Phone Network, Prompt DoCoMo Curbs

アダルトコンテンツ大手のSoft On Demandの売上高は150億円もあり、最大手の北都(ウェブサイトが無い。。。今時、って思うけど、無くても十分やっていけるってことですな。)に至っては売上高が300億円もある。そのうちどれだけがモバイル・インターネット経由かは分からないものの、Juniperによればモバイル・インターネットのアダルトコンテンツの伸びは音楽コンテンツどころではないという。

SODや北都が上場していれば、最強の人気銘柄になることは確実。残念ながら上場していないし、今後も上場するはずはない。パチンコ屋と同じで上場できない。儲かって仕方ないだろうしキャッシュフローは超ジャブジャブだろうし、上場するインセンティブもないだろうけどね。

目を向けるべきなのは、増えすぎるデータ量をどうやって捌くかという点。ネットワーク機器はアップグレードされる必要があるし、優れた技術がどんどん導入されていくしかない。パケットに上限を設けたり、通信速度を規制したり、そんなのは一時しのぎでしかないのは誰でも分かっている。

モバイル・インターネット銘柄として列挙した企業が恩恵を被る。

ゲームプラン・投資戦略
スマートフォン モバイル・インターネット 携帯電話

2009/10/05 07:07

LEDエピウエハーが足りない、製造はMOCVD、面白い相場テーマ

~ 長期に需要が伸びる中で不足している物は儲かる物、それを作る会社の株も儲かる。 ~

LEDが長期テーマとして面白い事は間違いない。折に触れ相場テーマになってきたし、これから何度も相場を作っては壊すこともあるはず。個人的には、今日までLEDという切り口で投資したことはなくて、とりわけ力を入れて調べたこともない。遅いって言えば遅いですね。

DIGITIMESの記事ですけど、この話が本当だとすれば面白い。2012年までというのは話半分で聞いたとしても、そういう話をするのだから、足下でLEDウエハーが足りていないのは間違いないと思うんです。LEDチップを作るEpistarのCEOが言うのだから確実です。

Yvonne Yu, DIGITIMES [Wednesday 30 September 2009]

Global shortage of epitaxial LED wafers will not ease until 2012, says Epistar chairman

The existing global supply shortage of epitaxial wafers used to make LED chips for backlight modules (BLUs) will not relax until 2012, according to chairman of Taiwan-based LED chipmaker Epistar, Lee Biing-Jye, whose estimation is based on the current demand growth trend and makers’ expansion plans.

With an estimated global demand for 25 billion LED chips for notebooks alone in 2010, makers would need to add 140 sets of MOCVD (metal oxide chemical vapor deposition) machines and run at full utilization to meet the demand, Lee said, adding that expansions in 2010 are expected to be below 100 sets.

If a set of machine cannot be installed before April or May 2010, then it may have no contribution to shipments in the year, he said. Lee explained that a newly installed machine may need 3-6 months before production can start, and LED chipmakers may need another 4-6 months to receive client validation for the products made from the new machine.

Although orders for more than 200 sets of MOCVD machines have been placed with equipment suppliers currently, only about 100 of them will be ready for production in 2010, which is still 40 sets less than the demand requires, he said.

Lee added that expansion of global LED chipmakers is lagging demand growth in the market. And his estimation of the capacity shortage in 2010 has not taken into consideration of possible strong growth for the LED lighting market.

ここからの話は、少しだけ調べた情報を真偽確かめずに書いた物になる。これから自分で調べていくためのベースになる。正しい事もあれば、間違っている事もある。とりあえずここに書いておいて、時間をかけて少しずつ調べていくためのとっかかり。

だから、ここに書かれていることを信じてはいけません。嘘だらけですからね。

LEDを作るウエハは半導体や太陽電池を作る物とは違う。エピウエハーとかLEDウエハーとか呼ばれる。LEDウエハーを作っているのは、豊田合成や日亜化学、昭和電工、大同特殊鋼、ローム。もちろん、信越化学やSUMCOも。Epistarは大手。友達光電、Chi-Meiも。

豊田合成はEpistarにLEDチップの生産を委託している。豊田合成はなぜか生産設備を拡充して自前で増産する気がない。Epistarはフル生産。

ウエハーを作る方法もちょっと違って、MOCVD(有機金属化学気相蒸着法)と呼ばれる製法で作る。化合物半導体。MOCVD装置を作っているのは、ドイツのAIXTRON(AIXG)、アメリカのVEECO(VECO)、日本のアルバック、大陽日酸。日本でAIXTRONを扱っているのは丸文。

Chi-MeiはMOCVD装置を46台設置。第二工場では100台。友達光電も増強中。豊田合成や日亜化学からLED特許を取得する必要あり。

2007年のLEDチップのシェアは日亜がトップで24%。ドイツのOSRAM Opto Semiconductors、オランダのRoyal Philips Electronicsが、それぞれ10.5%、6.5%で2位、3位。2008年も同じ感じ。2009年は大きく動いているらしい。

Seoul Semiconductor、シチズン電子、豊田合成、台湾Everlight Electronics、台湾Kingbright Electronic、アメリカCREEが大手。

チップの収益性は高くないけど、総需要の伸びで儲かる。MOCVD装置が儲かる。

・豊田合成 ノートPC向けLED素子でシェア60%
・第一精工 LED搭載PC用コネクターでシェア80%
・ディスコ LEDチップ向け切断装置

2009年の市場規模は8500億円で、これは2008年比で+28%と伸び率は高い。

2009100110.gif

2009100111.gif

200909161.gif

200909162.gif

ゲームプラン・投資戦略
AIXG LED MOCVD VECO エピウエハー

2009/10/01 14:02

バフェットへ携帯電話で連絡すると悲劇が起こるのでFAXを使おう

~ バフェットの景況感=住宅不動産の最悪期は過ぎ、景気は今より悪くはならない。 ~

リーマンから1年、Warren Buffettのインタビュー。

リーマンが潰れる直前、バフェットは相談を受けたそうです。何やらいろいろ言われたけれど、よく理解できなかったので、詳細をFAXしてくれるよう頼んだといいます。でも、FAXは来なかった。そして、リーマンは潰れた。

でもこれには後日談があって、実際にはバフェットの携帯の留守電にメッセージが入っていたらしい。でもバフェットは留守電の聞き方も分からないので、メッセージがあるのを知ったのさえずっと後になってからだったと。

リーマンだけじゃなくて、AIGからも相談を受けた。いろいろ検討した結果、とてもじゃないけど何もできないと断った。

まあ、舞台袖ではエキサイティングなストーリーが繰り広げられているわけですな。

ポイントをまとめておく。

・住宅不動産の最悪期は過ぎた
・1年前よりはずっと良い状況
・今よりずっと悪くなる可能性は低い
・底這い継続
・物流量をウォッチ
・KraftのCadburyプライスは上限

著名投資家の考えと行動
Warren Buffett ウォーレン・バフェット

2009/10/01 14:02

日神不動産、不動産市況の底を見て分譲用地の仕入れを再開

~ マンション市況は決して良くない、それでも不動産屋を無視しておけばよい局面は終わった。 ~

日神不動産が仕入れを再開。

マンション分譲用地取得再開に関するお知らせ

不動産屋、特にマンデベや流動化企業、が仕入れを再開するというお知らせがあちこちで出てきている。いよいよ不動産マーケットが底だという判断があるのと、いい加減に仕入れをしなければ売るものがないという事情と、両方があるわけです。今回の日神不動産も同じですな。

不動産市況の底打ちと、当社在庫物件の適正水準への減少に伴い、昨年来控えていたマ ンション分譲用地の取得を再開いたしました。

取得価格は、3物件合計で1,100 百万円となり、今後、日神パレステージシリーズのマンションを3棟建設し、分譲する(完売した場合の売上高4,720 百万円、戸数148 戸)予定であります。

マンションは土地を仕入れてから売るまで1年から1年半かかるわけで、今回の仕入れが売上になるのは2011年3月期になる。

マンション販売戸数や在庫数、販売単価などの不動産マーケットデータを見ると、まだまだ底打ち下なんて言えないように思いませんか?日経の記事を読んだりしてみてもマンション市況は最悪という論調ですしね。

まあ、それは間違いではないと思うんです。

でも肝心なのは先行き。3ヶ月、半年、1年先はどういう方向にあるのか。究極的には、株を買って儲かるのか。

考えなければいけないことは沢山ある。亀井のおっさんが借金返済猶予をするなんて言うから、不動産屋に金が回らなくなりそうで株が急落するなんて事だってある。そうじゃなくても、資金調達力は重要だけど。

いずれにしても、もう何度も書いたけれど、不動産屋は完全に無視しておけばいい局面は既に終わったということ。

不動産・マンデベ・流動化
マンション マンデベ 不動産 日神不動産

2009/10/01 14:02

オートウェーブ、倒産の可能性を明言して162%の新株発行増資

~ 潔く倒産の可能性に言及しての増資、これで投資家は安心するのかアホらしくなるのか。 ~

オートウェーブが第三者割当で新株発行増資。

第三者割当による新株式及び新株予約権の発行に関するお知らせ

新株の発行価額は100円。直近の終値が560円ですからね、強烈なディスカウントですな。有利発行という言葉では足りない程の激安叩き売り価格。新株予約権も同じようなもの。発行株数は750万株で発行済株式数の135%。新株予約権が行使されると150万株増加で108%。合わせれば162%。うひょ。

ここまで既存株主を犠牲にしてまで資金調達をしなければいけないのは、ずばり倒産しそうだから。

会社側の説明は明確で好感が持てますけど、そんなところに好感が持てても屁のつっぱりにもなりますまい。せっかくなので長いけど引用。

不採算店舗の閉鎖等の効果は、平成21 年3 月期では未だ十分に発現せず経常利益の黒字化には至っておらず、平成19 年3月期から3 期連続で経常損失、当期純損失を計上し、営業活動によるキャッシュ・フローもマイナスとなりました。また、上記「債権者間協定書」に含まれる「経営改善計画」における粗利額が、計画比大幅な未達となり、平成21 年3 月期下期の経常損失が402 百万円になり、計画から大幅な乖離が生じているため、「債権者協定書」に定められた「協定からの離脱」に抵触し、協定金融機関が離脱する可能性があり、金融機関から新たな資金支援が得られるか不透明な状況となりました。

当該状況により、平成21 年3 月期決算短信における「継続企業の前提に関する注記」に は「現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます」と表記することになりました。このため、取引先様より当社事業の継続性に対する不安が寄せられ、取引先から商品代金の支払日の前倒しや、保証金の差し入れを求められるなど、取引条件の変更を求められています。こうしたことからキャッシュ・フローの悪化を招くとともに、仕入数量の減少を余儀なくされたことで、仕入割戻が減少し、仕入単価が上昇するなど、粗利額の改善が遅れ、売上達成と経費改善は進んでいるものの、結果として計画通り経常利益が生み出せず、資金繰りが圧迫されております。

このような状況のもと、当社は本年10 月に資金ショートを起こす見込となり、会社存続の危機に陥っております。そのため、会社存続のために必要な事業資金を確保することが急務なものと判断し、第三者割当の方法により、新株式の発行を行うことにいたしました。本件第三者割当増資による新株式発行により調達した資金については、下記①から③の通り資金ショートへの対処および、平成22 年3 月期下期の経営基盤を安定させるため、緊急性の高い使途に充当する予定であります。

当社は、今回の第三者割当増資による新株発行が不調に終わると、本年10 月に資金ショートを起こし、倒産する可能性があります。

ズバリ、「倒産する可能性があります。」とは潔いではないですか。そういう状況だから100円での新株発行で資金調達する。

こんな状況は今突然明らかになったわけでもなく、既に分かっていたことではある。それでも株価は560円もしているのが恐ろしい。

カー用品ではイエローハットやG-7、アイエーなどが次々と良い決算を出してきている。それを見た個人投資家は連想でオートウェーブもいけるんじゃないか?と考えたのかもしれない。

ま、倒産は覚悟。上場廃止も覚悟。短期得意な人は高ボラの値幅を取るんでしょう。

クサイ会社・エグイ企業
オートウェーブ 上場廃止 倒産 増資 第三者割当

2009/10/01 14:02

私設取引(PTS)が拡大中、儲け話が何か転がっていないかな

~ 新しいモノにはほぼフリーランチが見つかることがよくある、PTSにあるかどうか? ~

私設取引(PTS)の取引が拡大しているみたい。PTSでの売買代金がジャスダック以上というのだから、まさに拡大していると言えるよねえ。

誰がPTSで取り引きしているのだろうか?日経の記事には「機関投資家の参加も増え始めた」とあるので、メインは個人投資家という理解で良いのでしょう。そこに機関投資家が参入しつつある。

どういう個人投資家なのか。日中に相場を見られない個人投資家が、早朝や夜に参加しているのがメイン?それだけでジャスダック以上になるのだろうか?それとも、東証や大証の株価とPTSの株価を比べながら、有利な方で取り引きしたり、裁定取引をしたり、そんな個人投資家がわんさかといる?もしくは、マーケット終了後のプレスリリースを見て参戦するのか。

PTS口座は既に開設しているけれど、今までまともに見たことがない。ちょっと見てみる必要があるんじゃないかと。

新しいマーケットや商品や制度には、だいたいいつもフリーランチが転がっている。完全にフリーではなくても、ほぼフリーってことが多々ある。PTSにそれがあるかどうか、知らないけど。

「えっ、これってこうやれば確実にこんなに儲かるじゃん。うーん、何か見落としてないかなあ、勘違いしてないかなあ。いやー、やっぱりそんなことないな、確実に儲かるな。」という状況。まあ、大金が転がり込むことはないにしても、数万や数十万は十分にあり得る。

もちろんそんな状況は長くは続かない。みんながだんだん気が付いて参入してくる。そうすると儲けの額が小さくなり、最後には利益が出なくなる。

でも、そのころにはまたどこかで新しいフリーランチが始まってるんだよね。

2009/09/18, 日本経済新聞 朝刊

私設取引、じわり浸透(まちかど)

 私設取引、じわり浸透

 ○…証券会社が独自に運用する私設取引システム(PTS)が売買代金を伸ばしている。日本証券業協会によると、7月は前年同月比53%増の約3100億円で月間の過去最高を更新。同じ月のジャスダックの売買代金を上回った。

 ○…当初は個人向けの夜間取引が中心だったが、最大手のSBIジャパンネクスト証券などが昼間の取引を開始。株価の変動幅である「呼び値」の刻みを東京証券取引所より小さくし「海外の機関投資家の参加も増え始めた」(同社)。規模の差は大きいが、売買低迷が続く東証にとってPTSは無視できない存在になる可能性もある。

ちょっとニュース
PTS 私設取引

2009/09/15 22:10

飯田産業、第1四半期は計画通り順調、建て売り住宅は底を見た

~ 不動産マーケットの順序、安い戸建て、オフィスビルやマンション、一番最後に流動化。 ~

飯田産業の第1四半期決算。

平成22年4月期 第1四半期決算短信

会社計画通りに順調に業績回復。

飯田の主張。

マンション分譲会社をはじめとして、多くの不動産会社が事業規模を縮小せざるを得ない事態となるなかで、販売価格の低下、低金利の住宅ローンや、住宅取得減税をはじめとする政府による住宅に関連する景気刺激策などによって、顧客の購入意欲を喚起するような低価格帯の住宅の需要が堅調に推移し、このような住宅を供給できる企業にとっては、業績の好転の追い風となりました。

マンションは売れないよ、でも安い建て売り住宅は売れるよ、ということですか。確かに、マンション販売戸数は下げ止まる気配がない。一方で、パワービルダーの販売状況はもう悪化していない。

そして何より、戸建ては売れば利益が出る状況になった。もう損が出ようがナンだろうがとにかく売り払えという事はなくなった。

これからの順番としては、オフィスビル空室率、賃料、マンション販売、マンション価格、そして最後に流動化ですか。最初の4つは順不同でも、流動化はどうやっても最後。

ってことになれば、これから注意してみていく株は分かるというもの。

不動産・マンデベ・流動化
パワービルダー 不動産 建て売り 戸建て 飯田産業

2009/09/15 22:10

アルデプロ、決算発表を延期、倒産や上場廃止になっても驚かない

~ 過年度決算修正で債務超過は確実、倒産する不動産屋のパターンにぴったりはまっている。 ~

アルデプロが決算発表を延期。

平成21 年7 月期決算短信発表予定日の延期に関するお知らせ

決算発表できないのは決算がしめられないため。なぜなら、

当社の過去の営業取引について、会計処理の修正を有する可能性のある事象が発覚し、現在、調査委員会の調査が進んでおりますが、現時点では結論に至っておりません。

このため、過年度の決算を修正する可能性があるため、平成21 年7 月期の決算の確定が 遅れているものであります。

この過去の決算でインチキしましたというのは6月に発表されているやつですな。インチキの程度がそれほどでもなく影響が小さいのであれば、修正も簡単だろうから決算も普通に出てくるのではないかと。修正されて債務超過に陥るのは確実でしょうな。だって、第3四半期決算時点で自己資本比率は1.8%なわけですから。

ところで別件ですが、秋元竜弥社長の持株は処分されている。数年前から不動産屋の倒産が相次いでいるわけですけど、1つのパターンとしては、社長の持株が処分されたら危ない。特に、社長が個人的な借金をするにあたって持株を担保に入れていて、その担保価値が下がったがために銀行が担保処分で売るというパターン。

これは誰が初めだった記憶が曖昧だけれど、アーバンコーポレーションの房園社長でしたかね?膨大な担保が処分されて株価は暴落。もっとも暴落したときにはそんな情報は出てなくて、後になって暴落したのは担保処分売りでした、っていう発表があるという、酷い状況。うわぅ、これは今後気を付けないとなあ、と思ったものです。

パシフィックの、えーと、社長の名前ナンだったかな、高須(?だったかな?)社長も同じだったし、フージャースの廣岡社長もそう。フージャースは倒産していないけど。他にもあったと記憶している。

で、アルデプロも同じパターン。これ以外にも不動産屋倒産パターンにぴったりと合致する事が多々ある。下に列挙する、今年に入ってからのプレスリリース一覧でも眺めればよく分かるのではないかと。

まあ、倒産や上場廃止は当然起こるべく結果として覚悟しておいて損はないでしょうねえ。今さら騒ぐまでもないけどね。。。

とりあえず、今年に入ってからのアルデプロからのプレスリリース一覧。タイトル見るだけで倒産の香りがプンプン。。。。

2009.09.14 平成21年7月期決算短信発表予定日の延期に関するお知らせ
2009.08.21 当社第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の償還義務の履行の猶予の合意に関するお知らせ
2009.07.30 会計監査人の異動および一時会計監査人の選任に関するお知らせ
2009.07.23 当社代表取締役の株券大量保有状況の変更に関するお知らせ(経過報告)
2009.07.17 臨時株主総会の中止に関するお知らせ
2009.07.17 人事異動に関するお知らせ
2009.07.17 当社代表取締役の株券大量保有状況の変更に関するお知らせ
2009.06.16 過去の業績に影響を与える事象の発生および調査委員会の設置に関するお知らせ
2009.06.15 第22期 第3四半期報告書を掲載しました
2009.06.12 平成21年7月期 第3四半期決算短信を掲載しました
2009.06.12 特別損失の計上に関するお知らせ
2009.06.10 臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ
2009.05.29 臨時株主総会の中止に関するお知らせ
2009.05.19 組織変更および人事異動ならびに取締役報酬の減額に関するお知らせ
2009.04.21 第三者割当による新株式発行の中止ならびに「第三者割当により発行される株式の募集ならびに支配株主および主要株主の異動に関するお知らせ」の一部訂正について
2009.03.17 第22期 第2四半期報告書を掲載しました
2009.03.12 平成21年7月期 第2四半期決算短信を掲載しました
2009.03.12 臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ
2009.03.12 第三者割当により発行される株式の募集ならびに支配株主および主要株主の異動に関するお知らせ
2009.03.12 平成21年7月期第2四半期および通期連結業績予想の修正に関するお知らせ 2009.03.12 平成22年7月期経営計画の策定に関するお知らせ
2009.01.23 平成21年7月期配当予想の修正に関するお知らせ
2009.01.16 福岡支店の閉鎖に関するお知らせ

クサイ会社・エグイ企業
アルデプロ 上場廃止 不動産 倒産 債務超過 流動化

2009/09/15 22:10

常和ホールディングス、金券優待を新設で総合利回り5.6%

~ オフィスビルとホテルで業績は安定、レバレッジは高いが資金繰りも安心、利回りは高い。 ~

常和ホールディングスが株主優待を新設。

株主優待制度の新設に関するお知らせ

過去1年ぐらいは優待を廃止・縮小する企業が多かった。何せ業績が悪く、配当さえ出せない状況で優待を続けられるはずもない。特に、ギフトカードやクオカードなど、金券類の優待は憂き目を見てきた。

常和ホールディングスの新設優待は100株で3000円のUCギフトカート。実質的には現金配当と等しい。配当額は50円なので、優待と合わせれば80円。総合利回りは5.6%。

常和は今年6月のIPO銘柄。初値は公開価格とほぼ同じ。不動産屋なので投資家の抵抗は強いと思う。それでも、流動化や住宅をやってるわけではなく、オフィスビル賃貸とホテル経営で安定性はとても高いです。

借金は確かに多いので、資金繰り大丈夫?という不安もありましょう。この辺りは実際に大丈夫とかダメとか言う問題ではなくて、レバレッジの効いた不動産屋=資金繰り不安、という図式。財務諸表を眺めれば、とりあえず資金調達に問題は見あたらない。

PERは7.6倍、PBRが1.2倍。

これで総合利回り5.6%は悪くないんじゃないですか?

株主優待
オフィスビル 不動産 常和ホールディングス 株主優待 賃貸 高利回り

2009/09/13 15:03

2009/9/13の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ オフィス空室率の上昇が止まったか、アメリカの消費者はとても弱い、中国の新規融資は。 ~

中国

・8月
・PMI 16ヶ月ぶりの高い数字@54
・CPI -1.2%(YoY) 1~8月 -1.2%
・PPI -7.9%(YoY) 1~8月 -6.4%
・新規融資 Y410B(-20.6%(YoY)) 1~8月 Y8.15T
・新規融資 7月 Y356B、6月 Y1.53T
・輸出 -23.4%(YoY)、+1%(MoM)
・輸入 -17%(YoY)、+3.4%(MoM)
・発電量 +9.3%(YoY)
・小売売上高 +15.4%(YoY)、1~8月 +15.1%
・鉱工業生産 +12.3%(YoY)
・固定資産投資 1~8月 +33%

200909031.gif

200909121.jpg

アメリカ消費者クレジット

・7月 -10.4%(年率)、6ヶ月連続減=1991年以来

オフィス空室率

・東京都心5区 8月末 7.75%、18ヶ月連続上昇止まる

200909111.gif

相場メモ・備忘録
アメリカ オフィス空室率 不動産 中国

2009/09/13 15:03

テクノアルファ、ワイヤボンダー5台で急騰、KLICへの影響が気になる

~ 小粒企業のハイブリッド車関連で値動きは軽い、仕入先のKLICへのインパクトも気になる。 ~

テクノアルファが日産からワイヤボンダー5台を受注。

当社の近況(半導体装置の受注)について

ワイヤボンダー5台が一体どれぐらいの受注金額なのか、皆目見当がつかない。会社としては受注金額は非公表だそうです。そうは言っても、わざわざプレスリリースするのだから、わずかな受注金額と考えるよりは、業績インパクトのある金額と考えるのが妥当だと思う。

株価は10%以上の急騰。

200909138.gif

テクノアルファのワイヤボンダーはトヨタでも使われていて、トヨタシェアは100%。プリウスのパワー半導体を作るのにテクノアルファのワイヤボンダーが使われる。ハイブリッド車のプリウスが売れに売れているのはご存じの通り。

消耗品が儲かる。本体はアメリカのOrthodyne製。テクノアルファは日本の販売代理店ですな。

Orthodyneは何年か前にKulicke & Soffa Industries(KLIC)買われた。KLICの第2四半期決算を見たけど、トヨタに納めてるとか、ハイブリッド向けが好調だとか、そういう説明などはない。KLICにとってワイヤボンダーの売上比率は全然高くないので、業績インパクトも小さく、説明する必要もないのかも知れない。

電気機器・精密機器
KLIC テクノアルファ トヨタ自動車 ワイヤボンダー 半導体 日産自動車 自動車

2009/09/13 15:03

カカクコム、価格.comのアクセスが伸びない、ネット企業には致命的

~ 食べログで全体をカバーはできず総アクセス数は伸びない、増収増益でも株は上がらない。 ~

カカクコムのサイトアクセス状況。

平成21年8月度 運営サイトアクセス状況のご報告

主力の価格.com。今年に入ってからページビューは横這い、いや、下降気味と言える。

200909134.gif

第二の柱、食べログ。こちらは綺麗にアクセス数が増加を継続。ナンバーワンのぐるなびに追いつこうかという勢いですな。

200909135.gif

その他もろもろサイトの合計。

200909136.gif

2009年に入って横這い。価格.comの不振を食べログでカバーして何とか保っている感じ。アクセスが二時曲線的に上がってなんぼというのがネット企業なわけで、こうなると非常に苦しい。前年同期比では増加しているので増収増益は確保できる。仮に横這いや売上減でも、利益は何とか増加させることもできる。つまり、増収増益を作ることはできる。

でも、そうなってしまえば株価は絶対に上がらない。

200909137.gif

消費者サービス
アフィリエイト インターネット カカクコム 広告

2009/09/13 15:03

ダヴィンチ、パシフィック丸の内の借り換えできず評価損を計上

~ 芝パークのローン借り換えは大丈夫なのか、ノンリコースなので業績インパクトは大きくない。 ~

ダヴィンチ・ホールディングスがパシフィックセンチュリープレイス丸の内でデフォルト。正確にはまだ期限が到来していないので、可能性としてありますよという発表ですが、ダメでしょうな。でなければ今発表する理由もありますまい。

子会社における棚卸資産評価損計上の見込みに関するお知らせ

ノンリコースローンなので23億円の純損失。今期の最終損失(まさか最終利益はないでしょう)がいくらになるか分からないけれど、とりあえず株主資本は130億円以上あるので大丈夫でしょう。

後は芝パークですか。これも資金の借り換えができないと同じような結果になるのかと。

この辺りのローン借り換えは既に決算発表やその資料で「なんとかしようと頑張っています。何とかなりそうです。」的な発表があったが、最後にはなんとかならなかった。

それにしても、ノンリコースローンなのだから貸した方も不動産の担保価値はOKと判断したってこと。投資は自己責任、ですか。

不動産・マンデベ・流動化
ダヴィンチ・ホールディングス ファンド 不動産 流動化

patch